アーカイブ

人気の高い少人数結婚式を安くあげられる所を探しているならここの情報サイトから見つける事ができます。ぜひ気になった方はこちらをみてください。
式を挙げるのであれば結婚式場でオススメの宇都宮の式場がこちらで紹介されているのでこちらを利用してみてください。

僕は今、25歳で、5年後には30歳。何だか人生もほんとうに始まろうという年齢か、と思われる感じです。
つまり、親の作った家庭というところから、自分自身で新しい自分の居場所を作る……という。
チラつくのは「結婚」の二文字で、結婚するとなると結婚式があって……と考えてみますが、そう、同じようなことを同級生のみんなは考えるみたいです。
子どもの頃は一緒に勉強したり怒られたり、「苦楽を共に」した連中が、一生を添い遂げる相手を見つけ、そのひとと「苦楽を共に」しようというのです。
というわけで、結婚式に招かれることもチラホラと出てきた20代まっただ中、僕もいくつかの結婚式に、友人として参加しました。
アホだとしか思っていなかった友人は何だか凛々しく見えるし、隣にいるお嫁さんはまさしく「お嫁さん」という概念そのままに美しい。
僕にとってはそれだけで結婚式っていうのは感動的なんですが、演出として、現代の結婚式というのはさまざまなことを考えているのだな、と思った次第です。というのも、実に、僕らの琴線に触れる演出が多かった。
友人代表スピーチ、とか、両親への手紙、とか代表的な演出はあります。しかし、最近の式の特徴なのか、最後に「エンドロール」を付けるという演出を採用する式が、増えているんだそうで、僕もそれを見ました。
「エンドロール」というのは、「エンディングムービー」とも呼ばれるみたいですが、つまり、式の最後に映像を流すというものです。
「エンドロール」には、新郎新婦2人の出会いから、喜ばしい今日その日までの、写真や映像を編集して作られたものです。

この「エンドロール」、もとは映画の分野の言葉ですが、どういったことから結婚式の演出に加えられるようになったんでしょうか?

人生最大のイベントをプロデュースする憧れのブライダルプランナーの検定を受けるためにはしっかり勉強しておくのがいいですよね。無駄な時間を過ごさないように、まずは勉強方法から見直していきませんか?

一生の想い出。結婚式なら大阪のこちらがお勧めですよ。想い出に残る結婚式をあげませんか?